1. トップページ
  2. コラム
  3. シンプルにわかるIT導入補助金

シンプルにわかるIT導入補助金

ソリューションチームの木下です。こんにちは。
今年(2021年)IT導入補助金がも始まり、弊社も支援事業者の登録が完了しました。
おかげでたくさんのIT導入補助金に関するお問い合わせや制作のご依頼をいただいておりますが、中にはIT導入補助金の内容がよくわからないままご相談いただくこともあります。

そこで、2021年のIT導入補助金の要点をまとめておきたいと思います。
IT導入補助金の要項は毎年変わっておりますので、2020年に調べたという方も是非ご覧ください。

ここさえ押さえていただければ、あとは私たちにお任せください。

勘違いされがちなIT導入補助金のポイント

IT導入補助金は支援事業者が提供する“ITツール”を導入するのに使える補助金です。
⇒ITツールとはECシステムなどの事をさしており、弊社の場合はShopifyと独自のECシステムSTARGAZERがITツールに該当します。
※ホームページ制作に補助金が使えるわけではありませんが、2021年版はITツール導入に伴うサイト構築は補助対象になるようです。

申請は支援事業者が行います。
IT導入補助金の申請ができるのはIT導入補助金の支援事業者のみです。多くの補助金・助成金はご自分で経産省や商工会に直接申し込みを行いますが、IT導入補助金は支援事業者が申請作業を行います。ですので、『利用したいITツールを提供している支援事業者を選定し、補助金利用での制作を依頼する』という運びとなります。

私たちがお手伝いできるIT導入補助金は「低感染リスクビジネス枠(C類型)となります。
・補助額:30万~300万円未満で見積額の2/3
・申請期日:1次締め切り 5/14(6/15交付決定)
        2次締め切り 7/30(8/31交付決定)
        3次締め切り 9月中(10月中交付決定予定)
・DTMで申請できる支援ツール:Shopify、EC STARGAZER(独自ECシステム)

よくある注意事項


1.制作は採択されてから
IT導入補助金を使用しての制作は採択された後に行う必要があります。
過去に制作した物を補助対象とすることはできませんのでご注意ください。
※補助金の採択可否に関わらず制作を行う場合はご相談ください

2.gBizIDの取得
IT導入補助金を申請するには事前に「gBizID」を取得しておく必要があります。
このgBizIDはインターネット上から簡単に申し込みができますが、取得完了までに10日~3週間ほどかかる場合があります。
IT導入補助金の申請を検討されている企業様は先にこちらの取得だけでもしておくことをおすすめいたします。

gBizID取得はこちらから

以上、2021年IT導入補助金の基本情報でした。IT導入補助金を利用したECサイト制作をご検討の方はお気軽にご相談ください。

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!

この記事を書いた人

木下裕嗣

ソリューション