1. トップページ
  2. コラム
  3. 定期機能付きASPカートの選び方

定期機能付きASPカートの選び方

こんにちは。ソリューションチームの木下です。
通販において、お客様と継続的な繋がりを持つ定期の仕組みも一般的となり、対応できるECシステム(カートシステム)もだいぶ増えてきました。
とは言え、各企業様の定期の仕様・ルールは様々ですので、どのカートを選ぶべきかというところが非常に重要です。

例えばよく問題に上がる定期の仕様として…
・発送日をユーザーが選択できる
・休止やスキップができる
・ユーザー側で商品や個数の変更ができる
・2回目以降の定期商品と同梱で別商品も購入できる
・初回購入時、定期商品と通常商品を同時に購入できる
・継続回数や休止からの復帰率など、定期独自の分析ができる
などがあります。

今私が知る限り、サービスとして提供されているECシステムでこれらすべてを網羅している物はありません。
この場合の対応として考えられるのは
1.カスタマイズ可能なサービスで独自の開発を行う
2.提供されているシステムに自社の定期の仕様を合わせる
と、こうなります。
これを踏まえ、定期機能を持ったカートシステムを分類分けしていくつかご紹介いたします。

定期機能をカスタマイズ可能なカートシステム


1.侍カート
https://www.samuraicart.jp/
マーケティングオートメーションシステム「MOTENASU」と完全連携している。
システム提供だけでなく、販売戦略提案・コンサルなども行っている。
カスタマイズプラン
初期費用:150,000円 月額費用:120,000円
※フルスクラッチプランもあり

2.サブスクストア
https://subscription-store.com/
定期系カートシステムのシェア1
プレミアムプラン
初期費用:99,800円 月額費用:79,800円

仕様は固まっているが高機能なカートシステム


1.ecforce
https://ec-force.com/
カスタマイズはできないが外部連携が充実しているうえ、開発スピードが早く新機能のリリースが早い。
スタンダードプラン
初期費用:148,000円 月額費用:49,800円

2.リピスト
https://rpst.jp/
電話注文を受けるコールセンター向けの管理画面やLTVの計測など、非常に多機能なカート。
スタンダードプラン
初期費用:69,800円 月額費用:39,800円

シンプルだけど低コストで運用できるカートシステム


1.カラーミーリピート
一般的な機能はとりあえず揃っているので複雑な仕様でなければ十分対応可能。
とにかく低コストで導入可能。
初期費用:0円 月額費用:10,780円~

最後になりますが、定期通販はカートの乗り換えは顧客データの定期情報移行が非常に難しく時間とコストがかかる事が多くあります。
定期機能付カートは3~5年先の事も考え、仕様決定してから選定されることをおすすめいたします。

弊社ではShopifyを使った定期通販サイト構築もご提案しておりますので定期カートの選定、サイト構築でお悩みの際は是非ご相談くださいませ。

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!

この記事を書いた人

木下裕嗣

ソリューション