1. トップページ
  2. コラム
  3. インターンのすすめ

インターンのすすめ

インターンシップに参加したことはありますか?
仕事を経験したことがない学生が、実際に職場へ訪問し就業体験をしたり話を伺うことができる制度です。学生から社会人へ踏み出す瞬間、楽しみでもありますが少し不安かと思います。だからこそまずは行ってみて、職場の環境や雰囲気、仕事内容について知ることは大切です。

私は昨年の夏、インターンシップを経て自社に入社いたしました。
今振り返ると、興味ある業界の理解を深めるだけでなく、他にも得るものが大きかったと思いますので、インターンシップへの参加を強くお勧めします。

私が卒業後のことについて向き合い始めた学生時代、県内の会社を調べ端からいくつものコーポレートサイトを覗いていました。
しかし、つきたい業種が決まっていてもどの企業につきたいかわからず、今まで学生でしかなかった自分が社会人として仕事を担っていけるのかという漠然とした不安の中、迷っていた時期がありました。サイトの情報だけでは本当に知ることができないと思った私は、気になった会社があればすぐに企業説明会へ参加することにしました。しかし、どの企業がほんとうに自分にとっていい仕事環境かだんだんとわからなくなっていきました。
なぜかというと、みな同じことしか言わないからです。
企業説明会では、自分からネガティヴなイメージを言わないのが当たり前ですから、基本的に前向きな面だけをアピールします。また、一緒に働く人を見ることはできないですし、どうしても主観的な説明になってしまうので、実際のオフィスがどのような雰囲気なのか言葉だけの説明では理解できません。

そこで実際に訪問して社員の方と接したり職場を見ることができるインターンにいく大切さを知り、応募に至りました。いくつかの企業説明会や会社見学も経験しましたが、インターンが一番会社のことを知れる機会だなと実感しました。
初めての環境なので、不安があるかと思いますがぜひインターンだけでも参加してみてください。
個人的な意見になりますが、私はインターンを経て目指していた職業にたいして前より前向きに向き合うことができたし、素直に好きになりました。

まとめ


以上のことから、インターンを通して、
「自分の将来について考えること」「仕事に向き合うこと」「初めての環境に自発的に行動すること」「働くことを間近で見学できること」など、様々な経験をすることになり、人間として成長できる機会でもあります。

そして上記のことをしっかり行える人が結果的にインターンから採用につなげられるような人物になるのではないでしょうか。インターンで経験したことは面接などにも役立ちますし、自分の成長のためにも興味のある企業のインターンシップに積極的に参加してみましょう。

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!

この記事を書いた人

小川 真弥