福岡のホームページ制作会社

  1. よくわかる【IT導入補助金】(後編)

COLUMNコラム

よくわかる【IT導入補助金】(後編)

IT導入補助金担当の田川です。

前回の投稿(前編)に引き続き、今回も『IT導入補助金』を詳しく説明します。
ご興味・ご関心がおありでしたら、併せて前回の投稿もご一読くださいませ。

では早速、(後編)目次から...。
■『うちみたいな会社は、ITなんて関係ないよ!』では『もったいない!』
■会社は売上アップ!従業員の労働時間は短く!これができるITツールを導入しなきゃ!
■申請前にやっておくとお得なこと...。


■『うちみたいな会社は、ITなんて関係ないよ!』では『もったいない!』


『IT』という単語を耳にするようになって久しいですが、実際、『IT』という単語を聞いてもピンとこない人が多いのも事実。
ピンとこないだけならまだしも、拒絶反応が出る方も少なからずいらっしゃると思います。
しかし、Amazonを筆頭に、通販サイトで、スマホでのお買い物は当たり前の時代。
通販では試着ができない衣類だって『返品無料』で、しかも返品の運送費も無料...。
もう、『試着ができない!』はデメリットとは言えなくなってしまったのです。
わざわざ店頭に足を運ばなくても、ウィンドショッピングができますし、買った重い商品を持ち運ぶ時間も手間もかかりません。

それもこれも、『IT』のおかげです。
スマホが普及し、電波(通信速度)が良くなり、通販サイトで買い物ができ、配達してくれる運送会社へご希望お届け日時を指定でき。。。

拒絶反応が出ていた方も、よくよく考えれば、何気に『IT』を利用しているのが現状です。

では、当補助金の骨子である『ITツール』とは、何なのでしょう?
先ほどの話でもありますように、『通販サイト』も『ITツール』ですし、購入するための『カートシステム(買い物かご)』も、もちろん『ITツール』です。
そのほかにも、会社のPRをするための『コーポレートサイト(通称ホームページ)』も、『ITツール』です。

ここで、改めて思い出してください。

IT導入補助金は、
 ・ ITツールを導入することによって、
 ・ 中小企業や小規模事業者の
 ・ 業務効率化・売上アップ をサポートする補助金です。

ということは…

そうです!ホームページ制作も、IT導入補助金の対象となります!
だって、ホームページを制作することにより、
 ・会社をPRでき、取扱い業務を多くの人に知ってもらえて、
 ・販売している商品の良さを訴求でき、
 ・営業マンが足で稼いでいた営業活動の時間が減り、
 ・電話やFAXで受けていた注文が、通販サイトで完結して、
 ・受注担当の業務が減り、
 ・会社の売上が伸びる。

これって、IT導入補助金が制定された目的、そのものではありませんか!
何度も言いますが、ホームページだって、歴とした『ITツール』!

それでも、『うちみたいな会社は、ITなんて関係ないよ!』と言い続けられますか?


【参考】
ホームページ制作に対して出る補助金は他にもあります。
<小規模事業者持続化補助金>
 → 申込は年に1回のみ。今年度(2018年)の受付は、3月に終了しています。
   詳しくは、こちら(日本商工会議所 平成29年度補正予算 小規模事業者持続化補助金 公式サイト)

このほかにも、自治体が設けている補助金制度もあります。


■会社は売上アップ!従業員の労働時間は短く!これができるITツールを導入しなきゃ!


上記の内容を、もう少しだけ補足で説明します。

ITツールを導入する(ホームページを作る)ことによって業務効率化ができたと判断される『基準』は何か?

何事も、数字をもとに証明するのが一番分かりやすい!
ということで、当補助金の申請には、2つの数字(向上率)が必要です。

それが…

1.『労働生産性』の向上率
2.『独自指標』の向上率


1. 労働生産性 = 粗利益(利益 ー 原価) ÷ (従業員数 × 一人当たりの勤務時間)

この数値が...
 ・3年後に 1%以上
 ・4年後に1.5%以上
 ・5年後に 2%以上 の生産性向上を目標とした計画を作成すること
が条件です。


2. 独自指標とは
 ・従業員あたりの顧客数
 ・営業員あたりの取引業者数
 ・営業員あたりの取引品目数
 ・時間あたりの顧客数(配送数・接客数など)
などと、具体例が挙げられています。
御社の業種や業態によって、向上率が分かりやすいものを設定しましょう!

この2つの数字(向上率)が、補助金を出してもらえるかの審査のひとつです。
簡単に言うと、、
 ・売上が上がる
 ・従業員の労働時間が短くなる

これが実現できるITツールを導入しましょう!

もちろん、『ホームページ制作』は、
 ・売上アップに貢献しますし、
 ・従業員の労働時間短縮につながる可能性大です。



■申請前にやっておくとお得なこと...。


私、学生の頃は、テストのたびに『下駄を履かせ』てもらって、何とか及第点をもらっておりました。
先生方、その節は、大変お世話になりました…。

さて、当補助金の審査の際には、『加点評価しますよ』と公表されていることがあります。
それが…。

『おもてなし規格認証』

詳しくは、別のコラムに記載しておりますので、この際、併せて読んでみてください。

この、『おもてなし規格認証』を『自己宣言』すれば、加点評価してもらることが分かっていれば、しない手はない!

しかも、
 ・企業がお客様に対して、ご満足いただけるような接客を心がけます!
 ・企業が従業員に対して、イキイキと働ける環境を整えます! と、宣言するもの!

決して、小難しいことを考えず、企業として『当たり前』のことにしっかり取り組みます!と自己宣言するものです。

『おもてなし規格認証』、登録を迷う理由はありませんよ!

ちなみに。。。
『おもてなし規格認証』には、ランクがありますが、当補助金の加点評価になるのは、自己宣言の紅(べに)認証でもOKです。
もっと上位の認証を得たい場合は、公式サイトをご確認ください。



いかがでしたでしょうか?
IT導入補助金をかみ砕いて説明してまいりました。

補助金ですので、受給するために理解すべきこと・提出/申請しなければならないことなど、まだまだたくさんあります。
しかし、いろいろなサイトやコラムを実際に見ましたが、ここまで詳細をかみ砕いて説明しているサイトは、他にはありませんでした。

IT導入補助金を申請したいけど、『誰に相談していいかわからない』や『難しそう』といった印象を持たれた方にとっては、少しだけお役に立てたかもしれません。
もっと詳しい説明が聞きたい!と思われた皆さま、お問い合わせお待ちしております。
この記事を書いた人 田川 靖 Sales & CS Division