福岡のホームページ制作会社

  1. IT導入補助金 _ 現時点での総括 と 今後の展望 について

COLUMNコラム

IT導入補助金 _ 現時点での総括 と 今後の展望 について

IT導入補助金担当の田川です。
IT導入補助金の現時点での総括と、2019年度の展望についての内容です。


『来年もIT導入補助金は実施されるの?』
『今年度、申請に間に合わなかった...』
『えっ、ホームページ制作に補助金が使えるの?』

など、ご興味・ご関心がある方は是非、ご一読ください。
(当記事は、約4分ほどで読める量です)


■おぉ!採択率100%継続中!


弊社は、2018年8月に『IT導入支援事業者』に採択されました。
その後、多くのお客様から『ホームページをIT導入補助金を利用して制作したい』というお問い合わせをいただきました。
つい先日(12月18日)、今年度の最終締め切りとなりましたが…。
なんと、弊社が申請したお客様の補助金採択率は【100%継続中】です。
なぜ『採択率100%達成しました!』と断言しないかというと、最終締め切りの結果発表が、
12月28日に控えているからです。
ただし、後述しますが、最終締め切りでの申請も採択される可能性は非常に高いと思われます。


余談ですが。。。
弊社にお問い合わせいただきましたお客様の多くは、『IT導入補助金』や『IT導入補助金 福岡』で検索され、弊社のサイトをご覧いただき、ご連絡くださりました。
ちなみに、『IT導入補助金 福岡』『福岡 IT導入補助金』とGoogleで検索すると、弊社が1位表示されます!(2018年12月20日現在)
やはり、検索結果での1位表示は強い!!
(※SEO対策もお受けしていりますので、気になる方は是非一度、ご連絡ください。)


■2019年のIT導入補助金は、実施されるのか?


まず、IT導入補助金についておさらいを。。。


 ・補助金なので、返済不要
 ・経済産業省補助のもと、『サービス等生産性向上IT導入支援事業事務局』が公募を行う
 ・補助金の申請は、事務局に採択されたIT導入支援事業者の代理申請が必要
 ・IT導入事業者がITツールを導入(手続きのみの代行は不可)
 ・ホームページ制作もITツールとみなされる
 ・補助金の目的は、ITツール導入により、中小企業の労働生産性向上の実現を図ること

非常にザックリとした説明ですが、まとめると以上のような補助金です。

で、気になるのが、『来年も継続して実施されるのか?』ということですよね?

そこで!!!
色々と調べました。

結論は...。
『不明』です。

ここからは、私の調査結果にもとづく予想を記します。

補助金なので、お金の出処は国家予算。
国家予算は、国会によって審議され決定。
各省庁は、8月末に概算要求を提出。
IT導入補助金は経済産業省の事業。
そこで、2019年の同省庁の概算要求を確認すると...。

『IT導入補助金』という表記も
正式名称『サービス等生産性向上IT導入支援事業』という表記もありませんでした。
ただし、『似たような表記』はありました。

2.生産性向上・働き方改革・人手不足対策 要求額481億円
(そのうち、ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業で100億円)
【平成31年度 中小企業・小規模事業者関係の概算要求等のポイント】より抜粋



これだけで、『来年度もIT導入補助金は実施されるでしょう』と断言することはできません。
しかし、
『足腰の強い経済を構築するために中小企業・小規模事業者の経営力向上を図ることが重要』
『優れたITツールの導入支援を行うことで、効果的な中小企業などの生産性向上を実現する』
と経済産業省の平成30年度行政事業レビューシートにあることを鑑みれば、いきなり中断される可能性は低いと思われます。


■予算を消化できるのか?


再三にわたって、『公募期間延長』が繰り返された当補助金ですが、具体的な数字が見えてきました。
IT導入補助金のオフィシャルサイトには、
採択された中小企業・小規模事業者の一覧が掲載されてあります。
(今年度の一次公募から、直近の三次公募第六回締切までがPDFで公表されあります。)


そこで!
これまでに採択された企業数を、実際に数えました!!


以下がその数値です。



ひとつ、あることに気付きますよね。


予算500億円に対して、消化金額が約267億円...。
しかも、採択された企業が『限度額の50万円を受けた場合の総額』で、約半分を消化しただけ...。
さらに、残る発表は、年末の1回のみ...。


最終締め切りの採択率、相当高そうですね。
というより、予算、全て使い切ることはかなり難しいでしょうね。


もちろん、事務局運営には経費がかかります。
システム開発・事務所の賃料・人件費・外注費などです。
もちろん、それらの経費も予算から支払われます。
その額も調べると、約97億円でした。


経済産業省_行政事業レビューシート_0107Excelより抜粋


補助金と経費を合算しても、約364億円。。。


以上、現時点でのIT導入補助金についてでした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


これからも、IT導入補助金関係の情報を、発信してまいります。


この記事を書いた人 田川 靖 Sales & CS Division