福岡のホームページ制作会社

  1. 【速報】2019年度のIT導入補助金は、○○をクリアすればホームページ制作にも交付されます!

COLUMNコラム

【速報】2019年度のIT導入補助金は、○○をクリアすればホームページ制作にも交付されます!

(当記事は、約4分で読める量です)


IT導入補助金担当の田川です。
本日(2019/4/11)、福岡市博多区にて『IT導入支援事業者_説明会』が開催されました。
用意されていた定員250名分の席が満席で、立ち見の参加者もかなりいらっしゃいました。
主催の一般社団法人サービスデザイン推進協議会のご担当者の方も、『これほどまでに盛会になるとは…』と驚きの様子...。


では、早速本題へ。。。


■ホームページ制作費は、IT導入補助金の交付対象になります!
 (ただし、○○をクリアすれば...)



検索エンジンで調べると、2019年度のIT導入補助金では【ホームページ制作は対象にならない】と記述されたコラム・ブログがたくさん出てきます。
しかし、それは大きな間違いです。
2019年度のIT導入補助金は、ホームページ制作費も交付対象になるんです。
ただし、条件があります。


その条件を書く前に、そもそもIT導入補助金とは何なのか?を知っていただく必要があります。


IT導入補助金ができた背景としては、足腰の強い経済を作るという目標があります。

日本の企業で、大企業は全体の0.3%のみ。
残りの99.7%は中小企業・小規模事業者。
※2016年6月時点での数値
中小企業庁発表の資料より


この大部分を占める中小企業・小規模事業者に頑張ってもらい、利益を上げてもらう。
そして、儲かった分の中から税金を納めてもらう。
その結果、足腰の強い経済ができ、豊かな日本になれる。
というのが、経済産業省の思惑です。


しかし、労働人口の減少や働き方改革で、時代の流れとしては減収減益の流れとなりかねない。
ではどうするか?


そこでIT技術・ITツールの登場です。


効率よく働き、利益を上げられる会社を作るために、ITツールを導入しましょう!
そのために、補助金を出しますよ!
とはいえ、経済産業省が中小企業・小規模事業者の『どんなITツールがありますか?』や『どこに相談すればいいですか?』といった疑問・質問にひとつひとつ答えられない。
そこで、『問合せの窓口として、登録制のIT導入支援事業者を設けますんで、そこに相談してください。支援事業者なら、ITツールの提供もやってますんで!』というのが本音であり、我々IT導入支援事業者の立ち位置です。


ホームページも、売上を上げるための『ITツール』です。
このご時世、何かしらのホームページ(自社サイト)を持っている企業はたくさんあります。
しかも、無料で作成できるシステムもたくさんあります。
それらをうまく使いこなして、会社のPRが出来れば全然問題ありません。


ただし、制作に時間がかかったり、ただでさえ本業で手一杯の社員さんが作るホームページは、どことなく素人感が抜けきれず、逆に、サイトを見てくれたユーザーに『この会社、大丈夫?』と思われてしまうこともあります。
そのため、我々のような制作会社にホームページ制作を依頼します。
ここで考えなければならないのが、


『何のためのホームページ(自社サイト)なのか?』です。


かっこいいホームページが出来れば、売上が上がるのか?
集客ができるのか?
お問い合わせが増えるのか?


答えは簡単です。
かっこいいホームページだけでは、売上も集客も問合せも絶対に増えません。
当たり前です。
もう一度言います。
絶対に増えません。


ユーザーの欲している情報や有益な情報、そして使いやすく問合せしやすい構成でなければ、ユーザーは行動(購入・問合せ)を起こしません。
たとえ起こしかけても、最後(完了ページ)までたどり着いてはくれません。


ホームページの目的が、『売上を上げる』であれば、分かり易い商品説明ときれいな写真がたくさん掲載され、使いやすいカートがないと売上は絶対に上がりません。
同じく『お問い合わせを増やす』であれば、いつでも押せる問合せボタンが画面に表示され、記入しやすい問合せページがないと、問合せをしてくれません。


そう!
【ユーザーが行動を起こしやすいホームページ】
【企業から一方通行のホームページではなく、ユーザーが行動を起こすホームページ】

が必要なのです。
そして、それこそが2019年度のIT導入補助金でホームページ制作費が交付される条件なんです!


つまり、単なるホームページ制作(コーポレートサイト)には補助金は交付されず、ユーザーに行動を起こしてもらうホームページ制作には補助金が交付されるんです。


もちろん、補助金なので申請すれば必ず交付されるわけではありません。
審査があります。
ホームページ制作に補助金が下りるかどうかの判断基準は、上に書いた通り、
ユーザーに行動を起こしてもらい、且つ、売上が上がり、効率よく働けるようになるためのITツールか?です。


弊社は、クライアント様の売上があることを第一に考え、クライアント様の商品を愛し、ユーザーが使いやすいサイト制作を行っております。
そして、どんな構成にすればユーザーは行動を起こしやすいか、売上を上がるにはどんな情報を掲載すればいいかを知っています。


些細なことでも構いません。
補助金・サイト制作の件で聞きたいことがございましたら、お気兼ねなくお問い合わせください。


【まとめ】
『2019年度のIT導入補助金は、とある条件をクリアすればホームページ制作にも交付されます!』の条件とは、
・ユーザーに行動を起こしてもらうこと
・その結果、売上が上がると見込めること

でした。


【追記】
昨年度のIT導入補助金と、今年度のIT導入補助金では、詳細がかなり変更された部分がかなりあります。
それらは、別のコラムにて記載しますので、気になる方はそちらも見てください。


この記事を書いた人 田川 靖 Sales & CS Division