福岡のホームページ制作会社

  1. 最近よく聞くRPAとは

COLUMNコラム

最近よく聞くRPAとは

こんにちは。デザイントランスメディアの宍戸です。


みなさん、最近「RPA」という言葉を聞く事が多くなってきたのではないでしょうか。
今回は、このRPAについてお話ししたいと思います。


RPAとは


RPAとは、「ロボティック・プロセス・オートメーション/Robotic Process Automation」の略で、ロボットによる作業自動化の技術になります。
ロボットと言っても、Pepper君のような実際のロボットが席に座って作業するようなものではなく、パソコン上でRPAのソフトウェアを動かすことによって、実際の作業を自動化します。イメージ的には、EXCELなどのマクロ機能に近いイメージです。
ECシステムや基幹システムなどを導入している状態でも、RPAは現状導入しているシステムに対して人が行なっている作業を自動化するので、RPA導入に伴い新たにシステムを構築する必要がありません。
また、ITの知識がなくても導入が可能なため、導入する敷居はかなり低くなっています。


RPAの「3つの段階」


一般的にRPAは「3つの段階」があると言われていて、段階が上がるごとに自動化出来る作業の幅が広がっていきます。
それぞれの段階は下記のようになっています。現状だと、機械学習やAI技術などの技術が向上しているので、段階的にはClass2のフェーズになるかと思います。


Class1 定型業務の自動化



  • 人が実施している決まりきっている作業

  • イレギュラー(例外)が発生した場合は、人が対応を行う


Class2 非定型作業の一部自動化



  • 機械学習などの技術を活用し、より多くのデータを活用する

  • イレギュラーが発生した場合なども、一部自動化を行う


Class3 高度な自律化



  • 作業の自動化だけではなく、分析・改善・意思決定まで自動化する

  • 自律的に判断し作業を行う


RPAのメリット


RPAを導入することにより、下記のようなメリットがあります。


作業の正確性


人がやっていた作業をシステムが自動化するため、人員的ミスがなくなり正確に作業をこなす事が可能です。


人員コストの削減


今まで人員を増やして行なっていた単純作業が、RPAに置き換わることにより人員コストの削減をする事が可能です。また、人員を確保するためのコストも削減する事ができます。


本来注力するべき作業に注力できる


単純作業などをRPAに置き換えることにより、人員の空き時間を捻出する事ができ、その時間を本来やるべき作業に注力する事が可能です。


RPA導入による人員削減


三井住友銀行はRPAを本格導入し、1年間で110万時間以上のPC作業をなくす効果を得ており、2019年度までに「300万時間、1500人分」の余力を捻出するのを目標に動いています。
私個人の考えですが、RPAの導入で1500人分の余力を捻出したことにより、大量にリストラが行われるかというと、そうではなく、「捻出した余力を、もっと人間でしかできない作業や、新しいものを生み出す力に注力する事」が重要になってくると思います。


今後の仕事とは


RPAの導入によって、すでに作業時間の削減の実績が多く出てきますが、単純な仕事を継続してやっていれば良いという仕事は確実になくなっていきます。
RPAとはちょっと違いますが、日本酒の獺祭を作っている旭酒造は杜氏の仕事をIT化し、現在では農業もデータ化して契約農家に導入しています。今まで経験と勘で行なってきた職人(杜氏や農家)の技術でさえ、IT化が進んでいる状況です。
これから先を考えると、単純に与えられた仕事をしていれば良い時代ではなく、専門性に優れ、新たな価値を生み出す力を高めていく事が、これから先の時代には必要な能力の一つになってくるのではと思います。
システムエンジニアも、いずれはロボットに変わる時代が必ずくるはずですが、私も自分自身の価値を高めていく努力をもっとしないとダメですね。。。


この記事を書いた人 宍戸 陽介 Creative & Development Division