福岡のホームページ制作会社

  1. 福岡マラソン2019、走ってきました。

COLUMNコラム

福岡マラソン2019、走ってきました。

こんにちは。野濱です。スポーツの秋といいますが、私はスポーツが大変苦手です。


しかしそんな私が2年前、ひょんなことから福岡マラソンに出場することになりました。
それまではスポーツに全く関心がなく、学生時代体育の授業でも持久走が本当に嫌だったぐらいの私なのですが、出場することになってしまったならもう腹を括るしかありません。なんとか完走しました。
それから去年も抽選に当選し、前年の記録を30分ほど短縮できました。
そして今年も何故か当選…。やるしかないでしょう。
そんな訳で今回は、11/10に開催された福岡マラソン2019のレポートを行いたいと思います。


スタート前


朝5時に起床し、エネルギーを補給します。
この日の朝ごはんは卵かけご飯とヨーグルトでした。
6:30からランナーエリアの入場が開始し、7:55までにスタートブロックに入らなければなりません。
スタートブロックとはスタートの順番を決めるため、ランナーをIを除くA〜Kの10ブロックに配置するものです。
僕はGブロックなので、だいぶ後列からのスタートとなりました。



すごい人の数。


スタート〜10km地点


8:20からスタートです。
1万人越えの参加者なので、スタート時はとても混雑しています。
福岡マラソンは天神から糸島まで、おおよそ海沿いを走って向かいます。
困難な道のりのスタートです。


天神から弊社のオフィス近くのよかトピア通りを抜け、マリノアシティを横切り、弊社BBQでお馴染みの小戸公園を過ぎた所で10kmを迎えます。
この時点で1時間半ほど経っていました。


10km〜20km地点


10kmを超え、少し走ってると…



海が見えてきました!
この景観はとても素晴らしいです。
体力的にもまだ平気なので綺麗な景色を見ながら走っていられます。


そして更に進み、折り返し地点の九州大学伊都キャンパスへ向かいます。


20km〜30km地点


牧歌的な風景が広がる伊都キャンパス周辺をどんどん進んでいきます。
車道を跨いでUターンする形となるので、向かい側の車道に折り返していくランナーたちが見えます。
そして…



3時間ほどで、中間地点である21.0975kmに到達しました。
しかし、折り返しに入って間もない内に足に違和感が…
突然の失速。6時間のペースメーカーにも追い抜かれる始末。
果たしてゴールできるのか、と思いながらとにかく足は進めました。



身体はしんどくても海がきれいと思う気持ちはまだあった。


30km〜ゴール?


動かす度に激痛が起きる両足をなんとか前に出し、制限時間のプレッシャーに追われながら進むこと約1時間半…



なんとか30kmに到達しました。
ここまできたら、さすがにタイムリミットでリタイアはしたくない。意地。
しかし、時間は押し迫り、各所に設けられているチェックポイントを制限時間内に通過するのも危うくなってきました。
ゆっくり走り、各チェックポイントの制限時間が迫ると頑張ってダッシュするの繰り返し…


そして…



なんとか完走できました!


タイムは6:58:45!7時間がリミットなので制限時間の1分半前になんとかゴールできました…。


ちなみに前年のタイムはおおよそ6:23、さらにその前は6:53でした。
今回が一番遅いですね。理由は言わずもがな、練習不足ですね。驕り…。


なにはともあれ、大きな怪我もなく(身体自体はボロボロですが)完走できました。
この記事を書いている今はもう割と元気です。


来年ももし走ることがあれば、もっとタイムを短縮したいと思います。それでは。


この記事を書いた人 野濱 貴彰 Creative & Development Division