福岡のweb制作・コンサルティング会社

  1. コンテンツ運用、もっと楽に効果を出したい!!

COLUMNコラム

コンテンツ運用、もっと楽に効果を出したい!!

いきなりですが、コンテンツ運用にお困りの皆様
コンテンツ運用って大変ですよね...難しいですよね...


もしも、めんどうな集計・分析・施策立案を自動化し、
成果を出せるとしたらどうですか?


今回はそんな夢のような話をお届けします。


コンテンツマーケティングにおける「記事(ブログ)」の役割とは


訴求には多くの手段がありますよね。
SNS投稿、プロモーション動画、広告配信、セミナー配信など色々な手段があります。


ではその中で、記事(ブログ)は、
どのような役割を果たすのでしょうか?


何かを買いたい時にまずはネットで調べてみますよね。
まずはブログなどで機能紹介や比較紹介を見ることが
多いのではないでしょうか。


つまり購買目的よりも、その手前の認知目的で出会うことが多いのが記事(ブログ)です。
潜在ユーザーからの認知を獲得するための役割に非常に活用されています。


コンテンツSEOツール「SEARCH WRITE」


そんな役割を果たす記事(ブログ)を使って
効果的に成果につながるツールを紹介します。


コンテンツSEOにおける調査・分析業務を効率化し、
「本当に必要な機能だけを集めたSEOツール」として誕生した
夢のようなツールがこちらです。


https://searchwrite.jp/function/


グッドデザイン賞の受賞歴もあるデザインチームが制作されているとのことで、
直感的なUIによって非常に分かりやすい画面も魅力です。


サイトのSEO課題を自動抽出​


Googleの200を超えるアルゴリズムの中でも、特に順位に影響の⼤ きいであろう42項⽬を機械的に点数化。修正すべきポイントが⼀ 覧表ですべてわかります。


他社URLの調査も可能なんです。


ページスピードに関わる修正項目、
モバイルフレンドリーに重要などすべて要素を⼀覧化して、
修正のアドバイスを出してくれます。


CVに繋がりやすい重要キーワードを定点観測


「キーワード候補」「月間検索数」「現在の順位と想定流入数」が一覧で出てきます。
詳細を見たいキーワードをクリックすると、そのキーワードの検索結果がズラリ。
想定流入数に加え、記事タイプまでひと目でわかります。


さらに、競合サイトの順位取得状況まで並べてチェックすることができます。
ビジネス競合との差分を明らかにし、戦略を立てられます。


コンテンツ立案​


調査キーワードのサジェストをマップ展開することで、
関連性の⾼いキーワード同⼠は1コンテンツに纏める、
遠いキーワードはコンテンツを分ける、
などの判断もしやすくなります。


最後に


コンテンツ運用をしていきたけど、
なかなかうまく進められないなどお悩みの方は
まずは無料デモ画面で触ってみてください。


この記事を書いた人 和泉昌憲 Creative & Development Division