福岡のweb制作・コンサルティング会社

  1. 【WEBサイト運用担当 初心者向け】サイトの成果が出ない! 原因は「サイト分析」「リピート」「集客」の3つ Vol.3

COLUMNコラム

【WEBサイト運用担当 初心者向け】サイトの成果が出ない! 原因は「サイト分析」「リピート」「集客」の3つ Vol.3

こんにちは。
福岡のホームページ制作会社デザイントランスメディアの村尾です。


新しくWEBサイトを制作したけれど、なかなか思ったような効果が出ない。
どれだけ閲覧されているのか?何が悪いのか?
改修するにもどこから手を付けていいかわからない…などお困りになったことはないでしょうか?


今回は前回の「サイト分析」「リピート施策」に引き続き、最後のポイント「集客」についてご紹介いたします。


「サイト分析」の記事はこちら
https://dt-media.jp/column/?act=Detail&cms_id=00000509


「リピート施策」の記事はこちら
https://dt-media.jp/column/?act=Detail&cms_id=00000540


ご紹介する「集客」は潜在顧客のサイト(または店舗)への誘導を目的とした施策を指します。
既存ユーザーの集客には「リピート施策」で記載した内容(SNS・メールマガジンの利用など)と重複する部分があるので割愛させていただきます。


このコラムでご紹介する「集客」には大きく分けて2種類があります。
ブログや動画を制作し更新していく「コンテンツマーケティング」と「広告」です。
メリット、デメリットなど説明したいと思います。


コンテンツマーケティングについて


コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって価値あるコンテンツ(ブログや動画など)を提供することで、健在顧客を育成し、最終的にはファンになってもらう一連のマーケティング手法です。


メリットとしては、費用がかからないこと、SEOにも有効です。
時間はかかりますが、長年にわたって制作・運用してきたコンテンツは他社に簡単にまねできるものではありません。
どうしても時間はかかりますが、積み重ねるほど効果は上がっていきます。
キーワードの分析など数値化することで精査を行うことも可能です。
定期的にコツコツとコンテンツを増やしていく運用が必要です。


デメリットは、時間がかかることです。
コンテンツを生み出す人の介在が絶対的に必要になるので、制作に時間がかかります。
費用はかからないと前述しましたが、実際には人件費でいうと費用はかかります…
また、効果が出るまでに時間がかかることが多いです。
ブログでいうと最低でも50~100本ぐらい、期間は半年~1年は必要になると思います。
なんらかの影響で「バズる」可能性があるかもしれませんが、効果が表れるまで忍耐が必要になってきます。


広告について


WEB、チラシ、新聞や雑誌、CMに掲載するいわゆる広告です。


メリットは単純にすぐに効果が表れることです。
チラシ、新聞、雑誌などオフラインの広告は詳細な広告の効果を測定することは難しいですが、WEB広告であれば事前にどれくらい費用をかければ、どれくらいのユーザーを集客できるのかシュミレーションが可能です。
ターゲットにあわせた広告を選定することでより高い効果がでます。


デメリットは単純に「費用」がかかること。
効果はすぐに表れますが、コンテンツマーケティングと違い、積みあがってはいないので継続して広告を出し続ける必要があります。
広告媒体の選定を誤ると広告を出稿したとしても効果が出ないこともリスクです。


弊社のお客様でコンテンツマーケティングを実施して約半年で効果が表れて、1年後にセッション数20,000⇒100,000になった実績もございます。
現在ではサイト流入の半数がコンテンツ(ブログ)への流入となっており、大きな効果を生んでいます。


私は「サイト分析」「リピート」「集客」の中で「集客」の部分が最も重要で、難しい部分と考えております。
「集客」を改善する場合、コンテンツの制作を行う間に広告を出稿し、コンテンツへの流入が増えてきたタイミングで広告の出稿量を減らしていく施策がリスクも少なく、運用できるのではないでしょうか。
ユーザーを逃さないために、改修する順番は「サイト分析」⇒「リピート」⇒「集客」をおすすめしています。


ホームページの制作や運用についてお気軽にご相談ください


弊社では制作はもちろん、その後の運用まで含めて最適なプランをご提案します。
お客様のご要望や予算にあわせた取り組みを一緒に考えていきますので、気になる方は是非ご相談ください。


また、補助金を活用したホームページの制作も数多く手掛けております。
小規模事業者持続化補助金について
運用プランについてはこちら
制作から運用までイニシャルコスト0の完全成果報酬型のプランもございます。
お問い合わせはこちらから


この記事を書いた人 村尾 俊一 Creative & Development Division