1. トップページ
  2. コラム
  3. サイトトップに動画を使うメリットと注意点【ファーストビュー動画】

サイトトップに動画を使うメリットと注意点【ファーストビュー動画】

今回はWEBサイトのトップページに背景動画を使うことのメリットと注意点をご紹介します。

トップページの中で、ほとんどのユーザーが目にするファーストビュー(FV)でユーザーの注意を引くことはサイト全体の改善にも役立ちます。

・より多くのユーザーにサイトを見て欲しい

・魅力的なホームページにしたい

・WEBサイトの直帰率を改善したい

など、WEBサイトの効果を高めるために動画を検討している方必見です。

 

ファーストビューに動画を使う

こんにちは、動画制作担当の宇野です。

WEB制作会社で動画を担当していると、「WEBサイト内で使用する動画」を制作させてもらう機会も多々あります。

その中でもこの「ファーストビュー動画」は、考えるべきポイントも多くあり、非常に難しい動画の一つです。

しっかりと設計をして制作しないと期待した効果が得られない、最悪の場合サイトの評価が落ちてしまう、なんてこともあります。。

動画自体のクオリティーはもちろんですが、今回はWEBサイトの観点からみるFV動画のメリットと注意点をまとめてみました!

 

ファーストビューって大事なの?

トップページの一番目につくファーストビューはサイトを訪問したユーザーのほとんどが目にするいわば看板です。

この看板を見てユーザーは、欲しい情報が手に入るサイトかどうか?を判断します。

どんなに有益なサイトでも、入り口の時点で欲しい情報がないと判断されてしまうと、サイトを見てもらうことはできません。

ファーストビューでユーザーの関心をつかむことがWEBサイトの役割を最大限に伸ばす方法の一つです。

 

ファーストビューに動画を使うメリット

□ サイトイメージを伝えやすい

説明したように、訪問者が最初に目にするのがFVです。

「このサイトで得られる情報」や「サイトの世界観」「ブランドイメージ」を映像イメージで伝えることで、ユーザーの関心度を高め、さらには感情に訴えて共感を得られることもあります。

 

□短時間で多くの情報が伝わる

動画で伝わる情報量は1秒あたりにWEBページ3600ページ分と言われています。

サイトに訪れたユーザーにできるだけ短い時間で、できるだけ多くの情報を伝えることによって、サイトへの関心を高めることができ、詳しく知って欲しい情報へとユーザーを誘導できます。

 

□ 動きでユーザーの注意をひく

人は動いているものを目で追ってしまう性質があります。

そのため強調したい内容や伝えたいイメージを動きによって目立たせることができます。

サイトの世界観や有益な情報を得られる期待感によって、ユーザーの関心を惹き、より詳細な情報へ誘導することで早期の離脱を防ぐことができます。

 

 

FVに動画を使う際の注意点

動画のファイルサイズを抑える

近年では、サイトの読み込み速度がGoogleのサイト評価基準に大きく影響すると言われています。

そのため、看板動画もできるだけ軽いものにする必要があります。

基本的には5MB以下、大きい場合でも10MB程度を基準にするのが良いかと思います。

動画の軽量化の方法に関しては こちらの記事 で解説しています!

 

見せたい情報を精査する

サイトを訪れたユーザーにとって、FVは文字通り玄関となります。

初めましてのお客様にできるだけ多くの情報を伝えたい!という気持ちになってしまいがちです。

ユーザー目線で考えた時に情報量が多すぎてしまわないか?を意識する必要があります。
「もっと知りたい」という気持ちにさせることが理想ですね!

 

尺を短くする

多くの情報を伝えられるからといって、動画が長すぎてしまうとユーザーは飽き、サイトから離脱してしまいます。

30秒を目安にし、伝えられない情報は別ページへ誘導できる導線を設置しましょう。

 

PC用とスマートフォン用どちらも用意する

PC用は横長の比率(1920*1080)、SP用は縦長の比率(1080*1920)を用意しておくことでデバイス毎の表示の差異を減らすことができます。

ただしレスポンシブデザインが当たり前となりましたが、動画の比率は変更が効きません。

テキストを用いる場合などは特に、PC/SP/タブレットなどのどの端末で閲覧しても、見切れないような範囲内にテキストを収める必要がある点には注意してください。

 

サウンドをオフにする

スマートフォンが普及した今では、ユーザーがどんな場所でサイトを閲覧しているのかわかりません。

そのため、急に音がなってしまわないように、FV動画の音声は基本的にオフにしておきます。

 

サイトデザインと整合性をとる

WEBサイトの背景として動画を使う際には、サイトデザインとの整合性を保つ必要があります。

テキストは動画内に入れるのかWEBサイト側で表示するのか、などサイトのデザインとの兼ね合いも考える必要があります。

まとめ

今回はファーストビュー動画のメリットと導入する際の注意点を解説しました。

メリットデメリットを理解して動画を導入することで、より効果的なファーストビューにすることができます。

実際に動画を使った際の効果の分析や改善は別の記事でご紹介いたしますのでそちらも参考にしていただければと思います。

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!


この記事を書いた人

宇野 凌平

クリエイティブ & ディベロップメント Division