1. トップページ
  2. コラム
  3. LINEリッチメニューとは?設定と活用方法紹介

LINEリッチメニューとは?設定と活用方法紹介

lineアカウントを運用している方へ、LINEリッチメニューの活用方法をご紹介!
「どのような機能で、どうやって活用したらいいか分からない」とお悩みの方はぜひ参考にしてください。


LINEリッチメニューとは


トーク画面の下部に表示されるメニューのことです。

リッチメニューを導入するメリットは大きく3つです。
・クリック率の改善
・配信数を消費せずに情報発信ができる
・無料で使用できる

 

クリック率の改善
表示領域も広いため、クリックがしやすくサイトへの誘導改善が期待できます。
メニューは期間を設定し切り分けることもできるので、期間限定のキャンペーンなどがあれば一定期間のみ変更が可能です。
ボタンの領域も組み合わせが自由なので、より見せたいコンテンツのみ大きく表示することもできます。

配信数を消費せずに情報発信
LINEでメッセージをおくると、配信数を消費します。
プランにより配信数の上限が定められているため、やみくもにメッセージを送っているといつの間にか上限に達していた、、、。という事があります。
リッチメニューはリッチメッセージとは異なります。
メッセージ配信は配信数に制限がありますが、リッチメニューは配信数を消費せずに無料で使用できます。

無料で利用できる
とりあえず導入検証したい方、無料プランで効果を出したい方!
無料機能を駆使してぜひ活用してみてください。

 

設定方法


※lineアカウントを取得し、管理画面へログインができることを前提としています。

 

基本設定


ホーム画面、左のメニューよりトークルーム管理>リッチメニューを選択してください。

引用:LINE公式サイトより

①タイトル
管理に必要なタイトルです。複数設定することもあるので、分かりやすいタイトルを設定してください。LINE側には表示されません。

②表示期間
リッチメニューの掲載期間です。
キャンペーン期間などがある場合は事前に登録しておくと便利です!

③メニューのテキスト
メニューボタンを変更することが出来ます。

④メニューのデフォルト表記
LINEを開いたときにデフォルトで表示する/しないを選択できます。

 

コンテンツ設定

引用:LINE公式サイトより


①テンプレートを選択し、画像をアップロード
ボタン一つ一つの画像を作成するのではなく、ボタン全体の1枚画像を作成します。
画像はテンプレートのレイアウトに合わせてください。

②アクション
ボタンに対するアクションを選択します。
選択できる項目は5種類


【リンク】
URLを入れることが出来ます。

【クーポン】
LINEで作成登録済みのクーポンが選択できます。

【テキスト】
リッチメニューのボタンをタップしたときに指定されたテキストが表示されます。

【ショップカード】
設定済みのショップカードが開くようにできます。

【設定なし】
クリックが出来ず、画像として見せる場合に使用します。


活用事例


実際の活用事例をご紹介します。

・福岡市

使用頻度の高いメニューが常に表示されています。

・カバーマーク

・ランコム

 

右メニューは固定、左には大きい領域で推したい商品を記載。

メニューバーのテキストも時期に合わせて変更されています。

 

・LANDWARDS

画像メインのクリエイティブ。更新頻度も高く画像の制作にもそこまで工数がかからない工夫があります。

 

・ベイクルーズ

 

こちらは有料にはなりますが、タブでメニュー内容を切り分けています。

 

さいごに

リッチメニューはLINEを開いたときに一番目にはいるコンテンツです。ぜひ活用をしてユーザーとのコミュニケーションをとりましょう。

画像の精査やメニューの選定も必要です。ぜひどのデザインや内容のときに反応率が良いかをテストしてください。

期間によってクーポンやキャンペーンなどの情報を出し分けることも重要です。

この記事や他社のLINEアカウントを登録するなど、運用の参考になれば幸いです!

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!

この記事を書いた人

谷口珠美

Solution & Consulting Division