designtransmedia

キャリア採用CAREER RECRUIT

WEBデザイナー/ディレクター

「成果を出すデザイナー」を
目指す方へ。

ソリューションチーム 村尾 俊一

デザイナーとして経験だけで戦っていけるでしょうか?

このメッセージを見ていただいている皆さんは、現在デザイナーとして活躍しており、転職を考えている方や、これからデザイナーの道に進もうと考えている方だと思います。

これから先、デザイナーとして仕事をしていくとして何歳ぐらいまで質の高いデザインを作り続けていけそうですか?
40代、50代になり、クリエイターとして仕事をしている姿をイメージできますか?
新しい技術やソフトの進化に伴い、年齢が若くても非常にデザインスキルが高く、感性も鋭い人材がこれからどんどん増えることは間違いありません。
その中で同じデザイナーとして経験だけで戦っていけるでしょうか?

以前、私は5年間ほどDTPデザイナーとして働いていました。夜遅くまでクリエイティブを作り続ける毎日に、このままで本当に大丈夫だろうか?自分は成長しているのだろうか?と将来が不安でたまらなかったことを今でも思い出します。

何を伝えたいかと言うと、専門的なスキルだけで、生き残ることは難しくなっていきます。なのでこれからはデザインスキルだけではなく事業やプロジェクトの設計、ディレクション業務、マネジメントなど「ビジネススキル」が必須になるということです。

デザインスキルだけでは、将来的に食べていくことは難しいですが、デザインスキル+ビジネススキルが伴うことで、「腕一本でメシが食える」実力が身につきます。
「腕一本でメシが食える」とは「ものを売る力」や「成果につなげる力」だと私たちは位置づけています。

事業を成功させることを目標にチーム全体で取り組みます。

私たちはこの「ビジネススキル」を習得することを重要と考え、仕組み化しています。
例えば、私たちは営業を専属で担当しているものはいません。
お仕事をいただく際は、ホームページからお問い合わせいただくか、ご紹介が多いのですが、デザイナーやシステムエンジニアなど職種に関係なく、担当者がプロジェクトを進めていきます。
各々が専門的なスキルを活かし、お客様とコミュニケーションをとり、プロジェクトを進めていくことで、様々なビジネススキルを学んでいきます。
営業だけとは違い、専門スキルがあることで個人の強みが明確になり、説得力も生まれます。
特殊なのかもしれませんが、デザイナーやシステムエンジニアがサイトの設計を行ったり、クライアントに直接提案することも珍しくありません。

前職では気づかなかったのですが、お客様と顔を合わせて話す機会が増えたことで、わかったことがあります。
「お客様の顔を見て仕事をすることで、一生懸命になれるということ」
「実際に話をしてみないと雰囲気も分からず、どれだけ困っているかが感じ取ることができないということ」
「お客様も気がついていない問題や売上につながる要素を見つけ出せるということ」
「この方のために成果を出すと強く思えること」です。
なので、プロジェクトに携わる関係者はできるだけお客様との打ち合わせなどに参加するようにしています。成果を追求し、事業を成功させることを目標にチーム全体で取り組みます。

「成果を出す」ということに社員全員の意識が向く

本気で成果を追求していくと、自然と「ものを売る力」や「成果につなげる力」が身についていきます。
成果を上げるために何が必要なのか?どのような方法があるのか?自分に足りないものは何なのか?常に考えるようになります。
コミュニケーション力、プレゼン力、ディレクション能力など様々なビジネススキルが必要になります。
アイデアや、意見を求められることもありますし、自分の専門とは違うお客様の業界についても勉強する必要もあるかもしれません。
コミュニケーションひとつととっても、WEBのことが詳しくないお客様もいらっしゃるので専門用語などを使わず話し方をあわせるなど細かいことも気にしなければなりません。
そのような問題をプロジェクトの中で解決することで、何倍もの早さで成長することができます。

その成長する仕組みの最たるものが「成果報酬」です。
その名の通り、成果を上げることができなければ私たちは報酬を得ることができません。
逆に売上を上げることが出来れば、私たちは、お客様とともに成果を得ることができ、さらに利益を得ることが出来ます。つまり、お客様と同じ立場で成果という目標に立ち向かうことが出来る、一蓮托生の契約方法です。
この「成果報酬」仕組みの最大のメリットは目的が「制作」ではなく「成果を出す」ということに社員全員の意識が向くということです。
職種の枠を乗り越え、全員が成果をだすことに一直線になります。
リスクがあるなどデメリットも、もちろんありますが、最大限に力を発揮できるプロジェクトでもあります。
結果として個人では成し遂げることができないような成果を出す経験、そしてそれを仲間と分かち合える喜びを実感できます。

クライアントのために一丸となって力を発揮する

デザイン以外の話から入っていまいましたが、もちろんしっかりとしたデザインのスキルがあってこそビジネススキルを活かすことができます。
ここからデザイン業務についてご説明させていただきます。

私たちがご依頼を受けて制作するWEBサイトの種類は、ショッピング機能を持つECサイトや会社のブランドを発信するコーポレートサイト、求人を目的としたリクルートサイトなど様々です。パンフレットやロゴ、名刺、商品パッケージなどツールの制作も行います。
業種についても、若者向けのアパレルを取り扱うサイトや旅行業、化粧品や健康食品に飲食店と多岐に渡ります。
その一つ一つに対して、このクライアントの成果は何なのか、そしてその成果を出すために必要なサイトはどんなデザインなのか、ということを常に考えて業務を行っています。
また、ご存知のようにSNSやスマートフォンの進化、多様化などWEBを取り巻く環境は急激なスピードで変化しています。毎日最新のWEBデザインのトレンドをチェックするなど、常に向上心を持ち、日々トレンドを理解し、新しい技術にも積極的にトライする姿勢が必須条件となります。
さらに、弊社のデザイナーはデザインチームだけでなくシステムや営業など他部署とも深く関わります。
各社員がチームという枠を超えてクライアントのために一丸となって力を発揮するのが私達のスタイルです。そのためまわりと連携を取りながらプロジェクトを進めていくコミュニケーション能力も非常に重要になります。

最後になりますが、わたしたちは皆が仕事を心から好きな人ばかりです。成果を出し、お客様の業務を成功させることに情熱を注いでいるので、毎日が楽しく、仕事を苦に思ったことはありません。なぜなら、プロジェクトが成功したときの満足感や達成感、お客様のうれしそうな顔が忘れられないからです。
私たちと同じ強い想いで毎日お客様のため、お客様の先のお客様が満足していただけるよう、戦っていける方は是非ご応募ください。
成果を追求することで日々成長し、お客様の問題を解決し、売上を上げるなんて最高に楽しいと思いませんか?
「腕一本でメシが食える」ようになりたいという想いの強い方、ご応募心よりお待ちしております。

ENTRY