1. トップページ
  2. コラム
  3. 【レンタルサーバー選び】目的にあったレンタルサーバーを契約したい!代表的な5つのレンタルサーバーを比べてみました!

【レンタルサーバー選び】目的にあったレンタルサーバーを契約したい!代表的な5つのレンタルサーバーを比べてみました!

こんにちは。
デザイントランスメディアの野濱です。
皆さ〜ん!レンタルサーバー選んでますか〜!?
前回の記事にてレンタルサーバー選びにおけるポイントをお伝えしましたが、
今回は、前回紹介したものについて深掘りしていこうと思います。

Xサーバー

エックスサーバー株式会社が提供するレンタルサーバー。
国内シェアNo.1とサーバー速度No.1を謳っており、
安定性と多くの実績があるサービスです。

メリット

・安定した稼動性(サーバー稼働率99.99%以上!)
・データセンター用の最新CPUを使用したサーバー速度

デメリット

・初期費用が少し高い
・プラン変更が柔軟にできない

費用

初期費用: 一律3,300円
月額1,320円〜3,960円

詳しくはこちら

こんな方にオススメ

・とにかく安定したwebサイトを運営したい
・コストをかけても速度を重視したい

初期費用が高めなのと、プラン変更が柔軟にできないというのが難点です。
コストをかけても大丈夫なら、速度と安定性を重視してる方ならオススメかもしれません。

さくらのレンタルサーバ

さくらインターネット株式会社が運営するレンタルサーバーです。
低コストでの運用が売りとなっており、20年以上サービス展開を続けている老舗のサービスです。

メリット

・とにかく低価格(最低月額131円〜)
・充実のサポート体制
・法人運営にも強い

デメリット

・速度や稼動性に関しては品質が落ちてしまう
・プラン変更ができない

費用

初期費用: 1,048円〜49,500円
月額524円〜145,200円

詳しくはこちら

こんな方にオススメ

・とにかく安価でwebサイトを運営したい
・ドメインやwordpressの設定を楽にしたい

費用がとにかく安い反面、速度などの品質面がどうしても劣ってしまう印象です。
代わりといってというのも変ですが、ドメインやwordpressの設定が分かりやすく楽にしやすいという点があります。
安くてお手軽、という点で選んでもいいかもしれませんね。
因みに、最安のプランだとwordpressのインストールに対応していないので注意が必要です。

ロリポップ!レンタルサーバー

GMOペパボ株式会社が運営する格安レンタルサーバーサービスです。
低コスト高品質を謳っており、その最安プランの料金は月額100円!
しかし、さくらのレンタルサーバー同様wordpressがインストールできないなど、
制限はかかってしまいます。

メリット

・最低月額100円からの超低コスト
・速度を重視のプランもコスト次第では実現可能
・充実した決済方法

デメリット

・一般的なプランだと速度に不安
・バックアップ機能が有料

費用

初期費用: 110円〜3,300円
月額100円〜2,530円

詳しくはこちら

こんな方にオススメ

・とにかく安価でwebサイトを運営したい
・安価で契約後、状況に合わせてプランを変更していきたい

低コストなのはやはり魅力的ですね。
容量などやwordpressにもこだわらなければ、
月額100円のプランでもよいかもしれません。
ただ、ハイスピードプラン以下のプランだと速度が遅く感じることもあるらしく、
且つ他社サーバーなどでは無料で利用できるバックアップ機能などが有料だったりと、
用途によっては不便に感じてしまうかもしれません。

CPI

auでおなじみ、KDDI株式会社の子会社であるKDDIウェブコミュニケーションズが提供する
ビジネス用途に特化したレンタルサーバーです。
比較的コストが高めですが、それに伴って機能がとても充実しています。

メリット

・自動バックアップ機能がある
・テスト環境が自動的に作成される
・万全のセキュリティ体制

デメリット

・高コスト
・小規模サイト向きではない
・サポートの一部が有料

費用

初期費用: 0円〜22,000円
月額4,180円〜4,840円

詳しくはこちら

こんな方にオススメ

・ビジネスとしてwebサイトを運用したい方
・コストをかけてもいいから安定性や機能の充実性が欲しい方

コストがどうしてもネックですが、
それを乗り越えればトップクラスに安定したサーバーかと思われます。
容量・セキュリティ・速度・安定性など全て安心して利用ができます。

ヘテムル

ロリポップ!レンタルサーバーを提供しているGMO ペパボ株式会社がまた別に提供している
上位サービスのレンタルサーバーです。
ロリポップが個人向けならhetemlはビジネス向けといったところでしょうか。

メリット

・コストパフォーマンスに見合った安定性
・ディスク容量の多さ
・マルチドメインの登録数は無制限

デメリット

・ビジネス向けではあるが、大規模サイトや複数の中規模サイトの運営には不向き
・プランのアップグレードはできない

費用

初期費用: 一律2,200円
月額1,210円〜1,760円

詳しくはこちら

こんな方にオススメ

・ビジネス用に中〜小規模のサイトを運営したい
・ほどほどのコストで安定した性能が欲しい

コストと性能的にはロリポップとCPIの中間といったところでしょうか。
格安のサーバーになると性能に不安が残り、
性能を重視するとコストがかかってしまうので、
ビジネスで安心に安全にサイトを運用したい方はちょうど良いのではないかと思われます。

まとめ

最後に、前回サーバー選びで重視したい紹介した
5つのポイントを各サーバーごとにまとめました。
参考にして頂ければと思います。

サーバー名 費用 速度 容量 安定性 セキュリティ
Xサーバー
さくらのレンタルサーバ
ロリポップ!レンタルサーバー
CPI
ヘテムル
如何でしたでしょうか。
今回詳しく紹介した以外にも、
かなりの数のサーバーがあるのですが、
今回はこの5つを比較して参考にして頂ければ。

もちろん、設定から運用まで全てお客様に
お任せするわけではありません。
サイトを立ち上げてみたいけどどうしたらいいか分からない、
サーバーは何を選んだ方がいいのか分からないなど疑問点がある方は、
お気軽に弊社に無料相談頂ければと思います。

それでは。
ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!

この記事を書いた人

野濱貴彰

Creative & Development Division