1. トップページ
  2. コラム
  3. Googleトレンドでユーザーの検索ニーズを知ろう

Googleトレンドでユーザーの検索ニーズを知ろう

今回はWEBマーケティングの強い味方、Googeトレンドを紹介します。
無料で使える優れたツールですが、意外と知らない方もいるので是非この機会に機能や使い方を知ってもらえればと思います。

Googleトレンドとは

Googleが提供している無料のツールで、 「Google トレンドを使えば、ユーザーが何を検索しているか(または検索されていないのは何か)をほぼリアルタイムで確認できます。」(Googleオフィシャルサイトより)
特定のキーワードの検索回数の増減や今注目を集めているキーワードが確認できるので、WEBサイトやSNSの運用に
役立ちます。

Googleトレンドの機能

機能は大きく分けて3つあります。

特定のキーワードの検索数の推移を見ることができる「調べる」機能

サイトにアクセスして最初に表示される検索欄に調べたいキーワードを入れると過去の検索数の推移が確認できます。
期間や国も指定可能です。
下のグラフは過去5年間の「ワールドカップ」の検索数の推移です。実際にワールドカップが開催された期間や予選のタイミングで検索数が増加しているのがわかります。
なお、表示される検索数は相対的なもので期間中に一番ニーズが高まったタイミングを100、数値が0の箇所はピークの検索数の1%未満ということを指します。

複数キーワードを比較することも可能です。
下のグラフは過去5年間で「ワールドカップ」と「オリンピック」の検索数を比較したものになります。
開催時期に検索数が上昇することは上記と同様ですが、ピークの検索数は「オリンピック」の方が圧倒的に多いことがわかります。

 

今注目を集めているキーワードがわかる「急上昇ワード」

日別やリアルタイムで検索されているトレンドキーワードを調べることができます。
こちらはSNS投稿などの参考になることが多いです。

 

Years in Search:で年別に人気があったキーワードを振り返る

ニュースで紹介されることも多い機能。1年間で人気のあったキーワードがランキングで表示されます。

 

WEBサイト運用での活用例

ここからは実際のWEBサイト運用でGoogleトレンドを活用する例を紹介していきます。
主に「調べる」機能で特定のキーワードの検索ニーズを把握してきます。

年間推移で検索ニーズが高まるタイミングを予測する

下のグラフは年間で「お中元」という言葉が検索された推移です。
5月初旬から徐々に検索数が増加していき7月1週目にピークを迎えることがわかります。
キャンペーンサイトや広告出稿のタイミングを検討する際に参考になるのではないでしょうか。

 

キーワードを比較してより検索ニーズの大きいキーワードを調べる

下のグラフは同じ1年間で「お中元」と「お歳暮」の検索数を比較したものです。
検索される期間はお中元の方がやや長めですが、ピークの検索数は「お歳暮」の方が多いことがわかります。
広告予算を検討する際に、このような比較が役に立ちます。

 

似た意味合いのキーワードを比較して使用頻度が高いキーワードを調べる

ブログを書く際などに同じようなキーワードのどれを使用するか判断に迷うこともあるのではないでしょうか。
下のグラフはコロナの流行と同時に注目されたワークスタイルの呼称を比較したものです。
厳密に言うと言葉それぞれの意味が異なることもあるのですが、一般的には「テレワーク」というキーワードが一番検索に使用されてきたことがわかります。

対象のキーワードが長期的に上昇傾向にあるか調べる

キャロットケーキとジンジャーケーキは共にイギリスの伝統的な製菓になります。
過去5年間の検索ニーズの推移を見てみると、ジンジャーケーキのニーズが一定のボリュームで推移しているのに比べてキャロットケーキの検索数は年々増加していることがわかります。
キャロットケーキの認知やニーズが高まっていることが推測されるため、商品開発や販促を行う際に念頭に置いていくとより成果に繋がる可能性が高まります。

 

いかがでしたでしょうか。
無料で使用できる便利なツールですが意外と知らない方もいらっしゃるので今回ご紹介させていただきました。
上記の使い方の他にもブログなどのコンテンツやSNSの投稿内容を探す際にも非常に役立ちます。
是非使ってみてください。

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!


この記事を書いた人

山本 真史

Creative & Development Division