1. トップページ
  2. コラム
  3. 【shopify】メールマーケティングの「自動化」使っていますか?【MA】

【shopify】メールマーケティングの「自動化」使っていますか?【MA】

みなさんこんにちは。
突然ですが、メールマーケティング、大変じゃないですか?

通販サイトを例に挙げると、新商品情報や初回購入者特典、会員限定メルマガなどなど…
メールマーケティングのコンテンツは数多くあります。

これらすべてのメールを作成し、送信する顧客のセグメント・タイミング、その後のアクションを手動で行うのはとても大変な作業になります。


そこで今回は、shopifyで使えるデフォルト機能の一つ、メールマーケティングの自動化方法をご紹介いたします!

 

 

どういったメールが自動化できる?

そもそもどのようなメールの内容が自動化できるのでしょうか?

今回ご紹介するメールマーケティングの自動化で考えておくべきことは以下のことです。

①顧客のアクション
②アクションの条件
③ショップからのアクション(メールの送信)

①顧客のアクション

顧客がどのようなアクションをしたかによって、設定したメールマーケティングが発火するという仕組みです。
例)支払い完了・会員登録・注文完了など

②アクションの条件

顧客が行ったアクションに条件を追加して、その条件を満たす場合に次のステップに進みます。
例)初回購入・特定の商品グループ・会員からの購入など

③ショップからのアクション(メールの送信)

これはそのままですね、マーケティングメールを送ります。
(今回はメールマーケティングに限定していますが、shopifyのマーケティングの自動化では、顧客へのタグの追加なども最後のアクションとして設定できます。)

以上のことから、顧客のアクションがはっきりしていることが前提条件となります。

例えば、初回購入者特典や新規会員登録特典などが挙げられます。

逆に、新商品情報などの顧客のアクションが必要ないものはあまり自動化に向いていません。

メールマーケティングの自動化設定方法

shopifyでメールマーケティングの自動化を設定する方法は、

①管理画面の「マーケティング」から「自動化」を選択
②「オートメーションを作成」から、テンプレートを選択(該当するテンプレートがない場合は「カスタムメールのオートメーション」を選択)

となります。

ここからトリガーの設定(顧客のアクション)、条件(アクションの条件)、アクション(ショップからのアクション)を設定していきます。


「初回購入者特典」のオファーメール

shopifyのマーケティングの自動化機能は、非常に多くのトリガーや条件、アクションを設定することがあります。
そんな様々な組み合わせの中でも、「初回購入者特典」のオファーメールの設定方法をご紹介いたします!

まずは、フローの組み立てを行います。
今回は以下の流れでメールが送信されるよう設定していきます。

①初回の購入である場合
②二週間後
③初回購入者特典のオファーメール送信

①初回の購入である場合

「Order paid」を選択→Outputから「条件」を選択→「基準を選択する」から「Customer」を選択し、「NumberOfOrders」を選択→条件を「Equal to」を選択し、NumberOfOrdersに「1」と入力

これで、「支払いが完了」をトリガーに、その後のステップに進む条件を「初回購入」に設定ができました。

②初回購入者特典メールの送信

先ほど設定した条件の「Then」を選択し「アクション」を選択→「Wait」を選択し「2weeks」を選択

これで、購入日時から「二週間後に次のステップに進む」という設定ができました。

③初回購入者特典のオファーメール送信

「Output」を選択し「アクション」を選択→「Send marketing email」を選択し送信するメールを選択
※メールを選択する際は、あらかじめマーケティング内容に沿ったテンプレートメールを作成する必要があります。

以上で、「初回購入の場合、二週間後に、初回購入者特典のオファーメール送信」という、マーケティングメールを自動化することができました。

 

 

まとめ

今回はshopifyの「初回購入者特典のオファーメール」に限定して設定方法をご紹介いたしましたが、トリガーや条件、アクションの組み合わせで様々な内容の自動化が可能になります。
このようなマーケティング戦略を立てながら、お客様の売上アップを日々目指しております。

ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください!

ホームページ・ECサイト運用に関する情報をメルマガで配信中!
WEB担当者様向けのお役立ち情報を無料でご案内しております。
登録は下記フォームから!


この記事を書いた人

尋木 風都