福岡のホームページ制作会社

  1. 制作費以外のコストについて

COLUMNコラム

制作費以外のコストについて

ホームページの制作を行う際にサイトのボリュームや要件に沿って制作のお見積書をご提出いたします。しかしホームページを公開・運用していくためには、制作費とは別に必要なコストが発生する場合はあります。
弊社では、あとから想定外の費用が発生しないように、お打合せ初期の段階でトータルで必要な費用についてご説明しておりますが、その代表的な例をご案内いたします。

サーバー

自社内でサーバーを持っていない場合はレンタルサーバーを利用することが一般的です。
共用サーバー、専用サーバー、クラウドサーバーなどの種類があり、スペックやプランによって費用が変動します。
月額100円で利用できるものから、10万円を超えるもの、使った分だけ費用が発生するのもなど様々です。ホームページの規模や想定アクセス数、システムの要件を満たすために必要なスペックなどを考慮して最適なサーバーを選定していくことになります。
既にホームページを運用している場合は、現在利用しているサーバーがリニューアル後の要件でも問題なく動作するか検証する必要があります。

サーバー会社例
CPI
https://www.cpi.ad.jp/
ヘテムル
https://heteml.jp/
さくらインターネット
https://www.sakura.ad.jp/
ロリポップ
https://lolipop.jp/
AWS
https://aws.amazon.com/jp/

ドメイン

新たにホームページを公開する場合は、インターネット上での住所となるドメインも取得する必要があります。年間契約が一般的で、取得時に400~3,000円、更新時にも同じぐらいのコストが毎年発生します。また、現在所有しているドメインを別の管理会社に移管する場合は、移管費用が別途必要になります。(3,000円前後)

ドメイン会社例
ムームードメイン
https://muumuu-domain.com/
お名前.com
https://www.onamae.com/
バリュードメイン
https://www.value-domain.com/

SSL

今年7月からセキュリティについての勧告がより強化されたことで話題となっているSSL。
ホームページのセキュリティ、サービスの信頼性を担保するために、もはや必須のものになりました。
SSLの必要性やその種類については、詳しくは弊社宍戸の記事をご覧ください。こちらこちら
サーバーやドメインと同様に年間契約が一般的です。

素材

ホームページに使用する写真やイラスト、動画などを有料サービスを利用してご用意する場合、購入費用が発生いたします。
フリーの素材も数多くあるのですが、サイトの目的や意図に沿っており、かつ会社のホームページに使用できるクオリティものが無料で用意できない場合、有料素材の購入をご検討いただくこともございます。
また、写真や動画を撮影したりイラストを一から作成する場合は、撮影費用やイラスト制作費が発生いたします。

ワードプレスの有料テーマやASP

ワードプレスやカラーミーショップなどのサービスにて有料のテーマやテンプレートを使用する場合、サービスの利用と別にそれぞれの購入費用が発生いたします。
金額はサービスによって様々ですが、有料テーマを購入することによって、逆に全体の制作コストを抑えることができる場合もございます。

今回は、ホームページ公開までに必要なものに絞ってご紹介いたしました。
それぞれの費用対効果を踏まえて最適な選択をするのにはある程度の専門知識が必要とされます。
弊社では、デザイナーやエンジニアの知見を交えて納得いくまでご説明いたしますのでご不明な点や不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。
この記事を書いた人 山本 真史 Creative & Development Division